動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

カテゴリ:M子より( 19 )

ブログ移動!

だんだん、シュテル日記のアップがおろそかになってきています。

私自身の個人的なブログは恥ずかしいので、別にしていましたが、
そちらの方がアップする頻度は多いので、
そちらに統合しようと思います。

普段は、私の個人的な想いや日々のコトをアップしているので
シュテルだけの内容にはなりませんが、
もしよろしければ、そちらにも遊びに来てください。

それでは、恥ずかしいですが、
私のブログをご紹介いたします。


『アロマ整体師マヤの日々』


よろしくお願い致します。
[PR]
by shuteru | 2014-07-05 14:30 | M子より

1年ぶりの検査&ごはん

年に1回、検査するようになっていた2点。

レントゲンとエコーで検査してもらいました。

①胆嚢内胆泥貯蓄→変動なし

②膀胱内結石
去年
f0254105_1233439.jpg
最大長径4.8㎜の大小2個

今回
f0254105_1242217.jpg
最大長径3.1㎜が1個

減った!

小さくなってる!

ちょっと安心。

ただ
1ヶ所新たに気になるものが。。。。
f0254105_12787.jpg
膀胱背側三角部小結節。
現段階では、病的判定保留だそうで、3か月後に再検査。

とまぁ、こんな感じで、本人はいたって日常通り元気♪

あとは、10日前に10キロ超えしてしまって(1年で1キロ増加)
先生にも、ちょっと走ってみようか、と言われまして、、、、(-_-;)

みんなにも、ちょっと太ったと言われ続け、
毎日見てる私も、後姿が立派になってる、と感じてたもんで
f0254105_1313729.jpg

f0254105_131503.jpg


M子、ちょいと走りましたが、10秒も走り続けれなくて、、、、撃沈(--〆)

なので、ごはん、半年ぶりに手作りに戻しました。
前と違って、まとめて4日分ほどまとめて作ってます。
f0254105_1342080.jpg
f0254105_13436100.jpg

f0254105_1345641.jpg

f0254105_135751.jpg

だいたい野菜を10種類ほど煮込んで、
数種類のハーブ(生とドライ)とターメリックを混ぜています。

そして、たんぱく質は、
大豆たんぱくを焼いたものや、豆腐、
動物性肉(牛、鶏、生の馬肉など)
魚介類
などを毎日変えて加えています。

プラス、麹とお水のみの手作り甘酒(甘み抑えて)や
野草の酵素シロップを少しかけています。

自分の畑や両親の作った野菜がほとんどなので、
農薬や化学肥料の心配もなく、肝臓への負担も少ないと思います。

10日間で9.4キロに戻りました♪

f0254105_1452361.jpg
おでの健康状態は、M子にかかってるんだから、よろしく頼むじょじょ!
[PR]
by shuteru | 2014-05-29 01:46 | M子より

シュテルは犬

お家の中では、のほほんとしてて、可愛い家族なんだけどさ、


散歩中はわりと野生化するシュテル。


悪い意味ではなくて、動物としての本能に
スイッチが入っていて、見ていて面白い。


周囲に森や小山があるから、
コンクリートの道路脇を歩く時より、
本当に活き活きしていて、その違いも一目瞭然。


今朝、
私は、
今さらだけど、
シュテルに見惚れた。


小山でロングリ―ドにして、
自由に時間を過ごしてもらっていた。


傾斜の大地に、しっかり足をおろし、
見える植物や、聞こえる鳥たちの声に
耳も目も完全にロックオンなのである。


ふと、風が小山を吹き抜けた。


宙から、赤や茶の葉が降り注ぐ。

シュテルの背中や顔にその葉たちが着地する。

シュテルは、はらはら舞い降りる葉を静かに受け入れて、
顔をぐぅぅぅっと大空に持ち上げた。

真上を一点に見つめるシュテル。


木々の間からこぼれている太陽の光、
舞い落ちる葉たち、
傾斜にすくっと立ち、
その顔は誇らしげに、
凛と宇宙を見上げている。


もう、私、
シビレタ。


どのくらい受け継がれているか分からないけど、
シュテルのたくさんの細胞とそのDNAが
時空を超えたな、と感じてしまった。


シュテルは、まぎれもなく犬だ。


美しいな。
かっこいいな。


f0254105_12421168.jpg
お家の中では、いつも力抜け切ってるけどさ。。。
[PR]
by shuteru | 2013-12-11 12:43 | M子より

過敏性大腸炎

8月1日に激しい嘔吐下痢で入院したシュテル。

なんかね、落ち着かないんだ。

実は、また先週もなって、治ったなって思ってたら、
一昨晩から昨日1日、ピーピーでね。。。。

お薬や食べ物、サプリで様子見てるけど、
すぐ再発しちゃう。。。。

今回は、やっといつもの先生の所に
行けたから、(前回2回とも休診日)
たくさん説明してもらえて納得。

でもね、シュテルみたいな子が、
昨日だけでも3件。

けっこう、よくあるんだね。

大腸の場合はね、食べ物が直接的な原因に
なってることは少ないらしいよ。
なぜかと言うと、
大腸は必要な水分を吸収して、いらないものを排出する器官だから。

食べ物が原因の場合は、大腸より上の器官で問題が起こり、
嘔吐が多くなる。
故に血便などは出ない。

ただ、間接的に、食べ物は便を作る材料にはなっているから、
その粗さ、固さ、滞留時間などの刺激で
腸の膜が傷つくという流れを考えると
食べてるものを原因から外すことも出来ない。

で、傷ついた膜(ゼリー状)が出てきたり、
血便になるんだって。

あと、それに伴う嘔吐は、
出す便もないのに、違和感で力む(しぶり)から、
その振動、刺激で腸が震える。
そして、消化器官は繋がってるから、
上の十二指腸や胃も刺激を受けて、
嘔吐に繋がるらしい。

ただね、残念ながら、
原因ははっきりとは分からないこと多いって。

人間も、この病気は非常に多いけど、
ストレスの場合、自覚できるし、言葉に出来るもんね。

動物の場合、難しい。

だから、こちらの先生は、
排除できる原因を出来るだけ見つけやすくするために
同じ症状のわんこには、
まずご飯を同じにして、もちろん薬もね、
他のわんこたちと条件を同じにして、
経過を見て治療していくの。

ごはんはこれね↓
f0254105_939213.jpg
消化器サポート(低脂肪)・ROYAL CANIN







他にも、とにかく解剖学的に、理論的に、心理的にも
全てを余すところなく、いつも時間をかけて説明してくれるので、
いつも安心します。

高速に乗って大和市まで行ってるので、
ちょっと遠いけど、S男は、今のところ
ここの先生しか信頼してないからね。

f0254105_9435167.jpg
こんな感じでね。
整体やアロマで習った授業みたいで
とても勉強になります。

ほんと余すことなく、飼い主側の
痒くても届かないところまで、全てをフォローしてくれるから
信頼してます。

西洋医療に加え、自然医療やヒーリングの講座もあったりします。

飼い主の心と、動物たちの魂のことまで
ちゃんと考えてくれる病院は貴重ですね。

こちらの先生には、先住犬ボルドーの時から
本当に学ぶことが多くて、
先生の言葉で忘れられなかった事が多々あります。
休憩時間2時間使って、
説明やお話をして下さったこともありました。

また機会があれば、ボルドーのことと一緒に
書いてみようかな。。。。。(*^_^*)

で、話もどるけど、
S男は、7月まで完全手作り食だったのに
ドライに変えたからかもよ、って言うのだけど、
実際は、先生にもちょっとわからないって。

なんで、9月からお弁当作りも少しずつ再開で
シュテルのごはんも再開って思ってたけど
しばらくは療養食です。

肝心のシュテルは、ピーピーで絶食だったのにも
関わらず元気満点♪
f0254105_9545458.jpg

私の後ろにいて、
何回呼んでも無視します。

「散歩行く?」
f0254105_955339.jpg
と、言うとすごい速さで起きます。
[PR]
by shuteru | 2013-08-25 09:59 | M子より
M子です。

とっくにバレてますが、
更新がめっきり減りました。

S男にも
『北海道旅行で切れたね』
と、鼻で笑いながら言われました。

それまで、頑張り過ぎてたわけではなく、
やりたいからやってただけなんですけどね。

じゃぁ、今はやりたくないんか、と言われたら、
それは、絶対違います!

まぁ、あれですよ、あれ。
M子、お得意の『気まぐれ』、ってやつ。
あっ、またの名を『気分屋』とも言うのかしら?

恋愛も最初の3か月はノリノリ、前のめりじゃないですか。。。

このズボラな私が、2月11日から、
この夏まで毎日投稿できたのは、
恋愛真っ盛りなホルモンが出てたんじゃないかしらね。
3か月超えてるしぃぃぃぃ!

『シュテル、大好き、大好き、食べちゃいたい~
こんな素敵なパートナー他にいるぅ?!
いないでしょ~!?!?』

みたいな。

あれ、違う?

そんな私のなんやかんやの言い訳もほどほどに、
主役を登場させなきゃですね。




あぁぁぁぁぁぁぁ、
あれあれあれ、
もうかれこれ、10回以上写真アップしてるのに
勝手にログアウトしてしまう。。。。

これは、言い訳じゃないです。。。。

なんで???

あっ、出来た!
これ、1時間かかったよ。。。
f0254105_2127358.jpg
おでも、もうとりわけ素敵ショットとかないじょよ。
f0254105_2129742.jpg
こういう、可愛い系、ほのぼの系、飽きない?
M子は、いつも癒されてるらしいけど。。。
f0254105_2130661.jpg
完全に開眼爆睡中なおでとかどう?
f0254105_2131838.jpg
こんな感じでこれからは、M子の気分でアップしていきますので、
今後ともよろしくね♪
[PR]
by shuteru | 2013-08-17 21:23 | M子より
一晩、入院して良くなりました!

こういうことブログに載せると、皆さんにとっても心配かけてしまうことが
わかりまして、すみませんでした(>_<)

メールやFBや、なんだかいろんな方から
メッセージが届きまして、ちょっと反省したしだいです。。。

でも、とても嬉しかったです!


で、シュテルですがね、

レントゲン、血液検査、便&嘔吐物検査、
どれもこれも数値的には異常がなくて。
熱もなく、あれだけの嘔吐下痢状態で、
心拍数もなぜかゆっくりと落ち着いていたらしい。
血便は、大腸の炎症ということしかわからず。

原因は結局わからぬままでした。

夜間病院でも、昼間の病院でも、
先生方は、原因がわからない急性の胃腸炎は多いんです、と
言われました。

実は、7月からシュテルには手作り食でなく、
オーガニックのドライフードを食べてもらっていました。

理由は、色々です。
・シュテルの受け入れを決めた時、
 大量に買っていたフードが残っていたため
・S男のお弁当作りが夏は休止状態になるため
 (シュテル食も同時に朝作っていたから)
・トータル的に栄養のバランスを考えて
・楽ちんだから(@_@。

そんなこんなで、朝の食事はいつも通り。
食後に10gほどの、ドライささみ。
お昼休みに一時帰宅した時は元気モリモリ。

13時から17時半の帰宅するまでの4時間半は、
クレート中なので、異物を食べることも出来ないはず。

大腸炎は、ストレスでも起こるらしいので、
色々考えましたが・・・

前夜に新しく届いたリュックに入ってもらいたくて、
おやつ作戦で、無理矢理、背中に背負ったことしか
思いつかず。。。。

えっ、↑これが原因?!?!?!

とか、色々、自分よがりにやらかしてないか、思いを巡らせました。

原因が、わからないのは、シュテルに対して申し訳ないのですが、
もう、わからないものはわからない!

10時間ほどの間に、
嘔吐6回、
下痢9回、

これだけ体内のあらゆるものを出せば、
人間だってヘトヘト。

なのに、翌朝のシュテルは、病院の待合室で
私を見つけたら、目を輝かせて
飛びついてきて、泣きそうでした(^-^)

お薬を2日分頂き、食事も少しずつ増やしていきます。

とにかく、元気になってくれて良かったです。

みなさま、色々ありがとうございました。
精神的に助かりました。

あっ、あと、
側にいなくても、男気番長S男の支えはやっぱり絶大です。
有難うございます。
(やっぱりブログ越し・・・)

f0254105_12523981.jpg
おでだじょ~。
いやぁ、しんどかった(+_+)
でも、もう元気だから!!
少ししかご飯食べれなくて、おなかぺこぺこ。。。
f0254105_1254235.jpg
もう、ひたすら寝るしかない!
[PR]
by shuteru | 2013-08-03 12:34 | M子より
しばらく更新してなかったのは、私、M子の体調不良・・・
目がとても良くない状態で、パソコン開けるのも見るのも辛かったのです。
あっ、今も継続中。
目、痛いぃぃ。。。

シュテルは、昨日まで変わらず元気。。。

昨日は、私にとってとても楽しみにしていた
ワンコ友達との素敵な会があり、今晩は頑張ってパソコン開けて
その内容をブログアップするつもりでした。

・・・・・・・

今日、夕方帰って、ドアを開けた瞬間すさまじいニオイ。

クレートの中で、大量のウンチョリータ。

こんな事初めて。
相当、お腹の調子が悪いんだろうと冷静に考えながら、
すぐにお風呂でシャンプー。

リビングに戻ると、今度は朝食べた分を大量にもどす。

そして、次にピーピーの下痢。

それでもまだ、元気。

トイレにまだ行きたそうだから、散歩へ。

ピーピーがまた2回。

帰宅したら、また吐く。

この時点で、ちょっとヤバイな、と思う。

今まで、ちょっと下痢だったり、
ちょっと消化不良で吐くくらいはあったけど、
一晩で良くなってたから、病院知らず。
同時に上下の嘔吐下痢は、なかった。

食べ物も、いつもと変わりなく、
朝も良いウンチで、元気マンマンだったのに。。。

で、19時半に夜間病院へ。

そこでも、嘔吐下痢は止まらず、
とうとうお水の血便が始まった。

さすがに、シュテルも弱ってきた。

血液検査もレントゲンも特に異常なし。
ほんの少し、膵臓の数値が悪いけど、、、、ってほど。

先生が良い先生で、かなり詳しくわかりやすく
色々説明してくれる。

結局、原因はわからないのだけど、
大腸が炎症を起こしているのは間違いない。

薬投与と点滴をして、
明朝一番にかかりつけの病院に行くことにして、
連れて帰ることにしたけれど、
帰り際に、今度は、上も下もほぼ同時に始まる。

ほんとに、もう、激しいんだわ。
見るに堪えない。。。

完全に不安しかなくなった私は、
可哀想だけど入院に切り替えた。
同時に、経過もしっかり診てくれるしで。。。

で、22時半に帰宅。

1年半前まで一緒に暮らしてたボルドー(享年16歳のダックス)の
最後一カ月弱の介護生活を思い出した。

あ~、あの時もしんどそうなボルドーを毎日見てるのが
きつかったなぁ~。

なんて。。。。

ウンチもおしっこも、夜中に何回も手で出して、
ご飯もスポイトで朝晩、1時間かけて食べさせて、
それでも、どんどん骨と皮になって死にゆく姿を見るのは、
本当に精神的に辛くて、
死んでしまった後は、
もう当分犬は飼わない、と決意していたんだけどねぇ。。。。

ちょうど1年後、
あらら、
シュテルに出逢った(*^_^*)
ボルドーが逢わせてくれたって本気で信じてる♪


話は戻るけど、
同時に帰宅したS男の言葉に若干苛立ちを覚える。

ついつい
「ボルドーの時もそうだったけど、
今日もずっとしんどい姿を見続けてるのは
私で、お世話も私なのに、何も見てないあなたが、
何でそんなに色々言うの?」
と、口走ってしまった。

一番、側で助けてほしい時に、いつもいないから、
仕事と分かっていて、理解しているつもりなのに、
ついつい・・・・・

子供がいても、同じことをやってしまうんだろうか、私は・・・・
ダメだね。。。


S男も心配してるだけだし、夜遅くまで毎晩働いてくれてるのにね。

ブログを通じて、S男、ごめんなさい。

シュテル、置いてきちゃってごめんね。


自分のキャパの狭さを感じます。


早く良くなりますように。

凹みまくりのへっぽこ日記ですみません。。。。


f0254105_23505782.jpg
昨日やその前や、色々楽しい事あったんだから、早くアップしてじょじょ♪
[PR]
by shuteru | 2013-08-02 00:00 | M子より

マジな祈り。

定期的に読んでいるブログ。
神奈川Animal Protection of Yokohama
繋いだ命~アルマ東京ティアハイム~

知りたくない、見たくない写真や言葉たち。

でも、知るべきこと、見るべきこと。

心がギャァァァァァッッて絞られて
目から洪水。

毎回。

「どうして。」がいっぱいになる。

保健所に行き、選ぶ。
選ばない子たちは、イコール、死ぬ。

こんな選択を日々繰り返し、
エンドレスな事をされている方々の心を思うと、
また、身体がねじれるように痛み、
そして目と鼻から洪水。

動物たちの綺麗な心と魂を傷付ける
そんな人間の心と魂は、
はるかに彼らより・・・・・・・・・・・。

捨てられた動物たちより、
うんとかわいそうな人間。

そんな彼らには、

二度と
買うなぁぁぁぁぁぁ
飼うなぁぁぁぁぁぁぁ
捨てるなぁぁぁぁぁぁぁぁ

と、叫んでも、きっと聞こえない。

宝くじで数億円当たったら、
捨てられた彼らのお家を作ろうか。

でも、たぶん、
かわいそうな人間たちが
またそのお家にたくさん動物を捨てにくるかな。

エンドレスなんだろうな、きっと。。。。

小さな頃の教育に、
『ペットは家族と同じです。
 人間よりも寿命が短いことが多いので、
 最後までたくさん可愛がって、愛して、
 死ぬ瞬間まで一緒にいましょう。
 動物の命と、人間の命は
 変わりありません。
 捨てることは、大変な罪です。
 捨てることは、殺すことです。』
と、耳がタコになるくらい伝えてほしい。


『捨てる』という選択肢が、存在しない価値観を
育んでほしい。

過激かもしれないけれど、
命を軽んじる大人のせいで、
悪循環が生まれてるから。

上記のブログを見るのは、
こんな風に感情的になって、綴ることが、
ぼやぁ~、と平和に暮らせている自分自身への喝にもなるから。

犬や猫だからではなく、
『いのち』を感じて、
悲しんで苦しむことを知る。

そうすると、シュテルだけではなく、
家族や友達や、自分をも
より慈しむことができるので。

生かされていることを、ひたすら感じることができるので。

すみません、マジで。。。。(-_-;)
[PR]
by shuteru | 2013-07-26 21:26 | M子より

業務連絡

最近、仕事以外の活動が忙しくて、
バタバタバタバタ。。。。。。

で、あっという間に早めの夏休み、

フロム トゥモロー( ´ ▽ ` )


シュテルも一緒に♪

ちょっと飛行機が、心配だけど。。。


S男が、一生懸命説明してます。
『あのね、耳がキーンとしたら、
鼻をつまんで耳抜きしなさいね。
ずぅっと一緒にいるって約束したからね、
明日からも一緒だから。
わかった?
わかったら、両手をあげて。』

ちょっと意味不明な説明箇所もあるけど、
シュテルは、なんとなく聞いてるっぽい。

6時半発の飛行機なんで、4時起きです。

あっ、今はもう2時前。。。

やばっ。。。。。。

とういうことで、
少し、シュテルの日記、お休みでぇす!
[PR]
by shuteru | 2013-07-03 01:46 | M子より
ある動画を見ました。
一晩経っても、モヤモヤしていて
ため息が出ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生後数か月の仔猫。

小学生くらいの子供3人とその両親。

場所は、保健所。

インタビュアーが、なぜ連れてきたのか問う。

父親が当たり前のように言う。
「海に行くんでね。
 子供たちに言ったんですよ。
 『海に行くか、行かずに仔猫の面倒をみるかどちらかだよ。
  海には行かなくてもいいんだよ。』
それで、海に行くって言うから、連れてきただけなんです。」

子供たちが泣いている。

母親が、ハンカチで目元を抑えながら言う。
「短い期間でしたが、子供たちに優しさが芽生えて良かったです。
 今回は仕方ありませんが、また機会があれば、
 こういう所からまた引き取って飼いたいと思います。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人は、色んな感情を飛び超えると、笑えるのだなぁ。


優しさや思いやりは、想像力の賜物だと思う。

己の言動で、相手(人や動物のいのち)がどう感じるか、

いのちは必ず、成長し、老いて、時に病気になって、死を迎えること、

(夏には海にも行くだろうし、冬にはゲレンデに行くかもしれない)、

そんな未来を想像することが、人間には出来る。



でも、人間は間違える。

私も、先日、間違えた。(シュテルへの対応)
そして、S男に厳重な注意を受けた。
反省。

「そんなつもりはなかった」
と、思った。

私の想像力の欠如故、やってしまった。

動物たちのいのちを捨てる人たちも
そんなつもりはなかった、
と、言うかもしれない。

でも、起こした後では、そんな「つもり」の想いは
霧のようなもの。

誰かがその間違いを注意しない限り、
そして、自分の過ちを認めない限り、
何度でもその間違いは繰り返される。

私には、叱ってくれる人がいて有難い。



海に行く代わりに捨てたいのち。

小学生のこどもたちが、その間違いに気付いて
同じ行いをしないように、
いのちと何かを天秤にかけて、
選択肢を作るようなそんな大人にならないように願うばかり。
[PR]
by shuteru | 2013-06-26 22:30 | M子より