動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

おでの仕事

M子のサロンに毎週来てくれるご婦人。

おで、大好きなんだじょ♪♪
すっごく可愛がってくれるんだ(*^_^*)

ある日、M子がご婦人の様子をみて、
ベッドでの体勢は、うつ伏せや仰向けが辛そうなので、
ソファでの施術に切り替えたみたい。

おで、すかさず、飛び乗ったじょ~!

その瞬間、M子が、怖い顔した\(-o-)/
ヒエェェッ!


でも、
ご婦人が、すぐに
『いいのよ、ここに一緒にいるのよね、
 シュテルちゃん♡』
って、言ってくれたんだ!


で、その日から、毎週、
おではご婦人の側にいることにしたの。

f0254105_21494424.jpg
こんな感じでね。

ずっとずっと、身体を撫でてくれるじょ。
ご婦人もとってもとっても幸せそうなんだ。

M子が、おでを
「セラピー犬」
って、言ってる。

ご婦人、わんこ飼いたいけど、
一人暮らしだし、もうすぐ90歳だから、
寂しいけど飼わないようにしてるんだって。

そうなんだよね、高齢者の方が
寂しさのあまり、わんこやにゃんこを飼って、
または、子供たちがプレゼントしたりすることがあるけど、
飼い主が病気や先に亡くなったりで、保健所に行くケースが
とっても多いんだよね。

ご婦人のように、飼わない決断をして
近くのおでみたいな動物を愛でてくれるのが
とっても嬉しい。

f0254105_21535761.jpg
有難う、ご婦人♪
これからも、おで、セラピー犬として頑張るよ♪
[PR]
by shuteru | 2013-10-21 21:55 | 徒然