動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

ご心配をおかけしました(^_^;)

一晩、入院して良くなりました!

こういうことブログに載せると、皆さんにとっても心配かけてしまうことが
わかりまして、すみませんでした(>_<)

メールやFBや、なんだかいろんな方から
メッセージが届きまして、ちょっと反省したしだいです。。。

でも、とても嬉しかったです!


で、シュテルですがね、

レントゲン、血液検査、便&嘔吐物検査、
どれもこれも数値的には異常がなくて。
熱もなく、あれだけの嘔吐下痢状態で、
心拍数もなぜかゆっくりと落ち着いていたらしい。
血便は、大腸の炎症ということしかわからず。

原因は結局わからぬままでした。

夜間病院でも、昼間の病院でも、
先生方は、原因がわからない急性の胃腸炎は多いんです、と
言われました。

実は、7月からシュテルには手作り食でなく、
オーガニックのドライフードを食べてもらっていました。

理由は、色々です。
・シュテルの受け入れを決めた時、
 大量に買っていたフードが残っていたため
・S男のお弁当作りが夏は休止状態になるため
 (シュテル食も同時に朝作っていたから)
・トータル的に栄養のバランスを考えて
・楽ちんだから(@_@。

そんなこんなで、朝の食事はいつも通り。
食後に10gほどの、ドライささみ。
お昼休みに一時帰宅した時は元気モリモリ。

13時から17時半の帰宅するまでの4時間半は、
クレート中なので、異物を食べることも出来ないはず。

大腸炎は、ストレスでも起こるらしいので、
色々考えましたが・・・

前夜に新しく届いたリュックに入ってもらいたくて、
おやつ作戦で、無理矢理、背中に背負ったことしか
思いつかず。。。。

えっ、↑これが原因?!?!?!

とか、色々、自分よがりにやらかしてないか、思いを巡らせました。

原因が、わからないのは、シュテルに対して申し訳ないのですが、
もう、わからないものはわからない!

10時間ほどの間に、
嘔吐6回、
下痢9回、

これだけ体内のあらゆるものを出せば、
人間だってヘトヘト。

なのに、翌朝のシュテルは、病院の待合室で
私を見つけたら、目を輝かせて
飛びついてきて、泣きそうでした(^-^)

お薬を2日分頂き、食事も少しずつ増やしていきます。

とにかく、元気になってくれて良かったです。

みなさま、色々ありがとうございました。
精神的に助かりました。

あっ、あと、
側にいなくても、男気番長S男の支えはやっぱり絶大です。
有難うございます。
(やっぱりブログ越し・・・)

f0254105_12523981.jpg
おでだじょ~。
いやぁ、しんどかった(+_+)
でも、もう元気だから!!
少ししかご飯食べれなくて、おなかぺこぺこ。。。
f0254105_1254235.jpg
もう、ひたすら寝るしかない!
[PR]
by shuteru | 2013-08-03 12:34 | M子より