動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

M子より シュテル緊急入院(+_+)

しばらく更新してなかったのは、私、M子の体調不良・・・
目がとても良くない状態で、パソコン開けるのも見るのも辛かったのです。
あっ、今も継続中。
目、痛いぃぃ。。。

シュテルは、昨日まで変わらず元気。。。

昨日は、私にとってとても楽しみにしていた
ワンコ友達との素敵な会があり、今晩は頑張ってパソコン開けて
その内容をブログアップするつもりでした。

・・・・・・・

今日、夕方帰って、ドアを開けた瞬間すさまじいニオイ。

クレートの中で、大量のウンチョリータ。

こんな事初めて。
相当、お腹の調子が悪いんだろうと冷静に考えながら、
すぐにお風呂でシャンプー。

リビングに戻ると、今度は朝食べた分を大量にもどす。

そして、次にピーピーの下痢。

それでもまだ、元気。

トイレにまだ行きたそうだから、散歩へ。

ピーピーがまた2回。

帰宅したら、また吐く。

この時点で、ちょっとヤバイな、と思う。

今まで、ちょっと下痢だったり、
ちょっと消化不良で吐くくらいはあったけど、
一晩で良くなってたから、病院知らず。
同時に上下の嘔吐下痢は、なかった。

食べ物も、いつもと変わりなく、
朝も良いウンチで、元気マンマンだったのに。。。

で、19時半に夜間病院へ。

そこでも、嘔吐下痢は止まらず、
とうとうお水の血便が始まった。

さすがに、シュテルも弱ってきた。

血液検査もレントゲンも特に異常なし。
ほんの少し、膵臓の数値が悪いけど、、、、ってほど。

先生が良い先生で、かなり詳しくわかりやすく
色々説明してくれる。

結局、原因はわからないのだけど、
大腸が炎症を起こしているのは間違いない。

薬投与と点滴をして、
明朝一番にかかりつけの病院に行くことにして、
連れて帰ることにしたけれど、
帰り際に、今度は、上も下もほぼ同時に始まる。

ほんとに、もう、激しいんだわ。
見るに堪えない。。。

完全に不安しかなくなった私は、
可哀想だけど入院に切り替えた。
同時に、経過もしっかり診てくれるしで。。。

で、22時半に帰宅。

1年半前まで一緒に暮らしてたボルドー(享年16歳のダックス)の
最後一カ月弱の介護生活を思い出した。

あ~、あの時もしんどそうなボルドーを毎日見てるのが
きつかったなぁ~。

なんて。。。。

ウンチもおしっこも、夜中に何回も手で出して、
ご飯もスポイトで朝晩、1時間かけて食べさせて、
それでも、どんどん骨と皮になって死にゆく姿を見るのは、
本当に精神的に辛くて、
死んでしまった後は、
もう当分犬は飼わない、と決意していたんだけどねぇ。。。。

ちょうど1年後、
あらら、
シュテルに出逢った(*^_^*)
ボルドーが逢わせてくれたって本気で信じてる♪


話は戻るけど、
同時に帰宅したS男の言葉に若干苛立ちを覚える。

ついつい
「ボルドーの時もそうだったけど、
今日もずっとしんどい姿を見続けてるのは
私で、お世話も私なのに、何も見てないあなたが、
何でそんなに色々言うの?」
と、口走ってしまった。

一番、側で助けてほしい時に、いつもいないから、
仕事と分かっていて、理解しているつもりなのに、
ついつい・・・・・

子供がいても、同じことをやってしまうんだろうか、私は・・・・
ダメだね。。。


S男も心配してるだけだし、夜遅くまで毎晩働いてくれてるのにね。

ブログを通じて、S男、ごめんなさい。

シュテル、置いてきちゃってごめんね。


自分のキャパの狭さを感じます。


早く良くなりますように。

凹みまくりのへっぽこ日記ですみません。。。。


f0254105_23505782.jpg
昨日やその前や、色々楽しい事あったんだから、早くアップしてじょじょ♪
[PR]
by shuteru | 2013-08-02 00:00 | M子より