動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

北海道 with わんこ2日目前半~小樽~

快晴だじょぉぉぉぉ!
信号なしだじょぉぉぉ!
そんなノンストレスドライブで向かったのは小樽。

S男の要望に応え、お寿司屋へ!
f0254105_9304512.jpg
雅叙園
f0254105_933073.jpg
おでも、一緒に入れるじょ。
カウンター数席のこじんまりとしたお店。

☆☆☆
事前に念のため電話。
『吠えなくて、お粗相しなければ店内大丈夫ですよぉ』
とのこと。

リードのみで良いとのことでしたが、
わんこ席が特別にあるわけでは、ないようなので、
他のお客さんに迷惑がかからないように、
クレートに入ってもらいました。
☆☆☆

一応断っておくけど、おではね、全然吠えないし、お粗相もしないし、
暴れずじっと待ってられるんだからね。
M子:知ってるよ。シュッシュはクレートに入ると、「あれ、いたっけ?!」って
    くらい気配を消してるよね。お利口さんだよ、ほんと。
    助かります。

f0254105_9381687.jpg
大将がとっても素敵だったじょ♪
お喋りもとっても楽しかったって、S男&M子が喜んでた。
元々、盲導犬や介助犬のみOKだったらしくて、
そんなお客様がけっこういたらしいのね。
いつの間にか、それ以外のワンコも大丈夫だと
(根も葉もない?笑)噂が広がり、
大将夫妻は、それを訂正することもしなかったために
今では、わんこ以外の動物も色々訪れるようになったんだって。
お猿さんや鳥さんも来るんだってぇ(#^.^#)
大将もニャンコと住んでて、動物好きなのだじょ。

肝心の味も、最高!!!
2人とも、一貫食べるごとに悶絶してたじょ。
『うめぇぇぇぇ』って。
2人は揃って、イクラとウニが食べられないんだ。
でも、試しに食べたら、旨過ぎて、絶叫してた(*^_^*)

そして、次は、S男が唯一訪れたいとガン押ししていた場所へ~(#^.^#)

続きは、Moreをクリック!





f0254105_9482337.jpg
さて、どこでしょう?

ジャーーーーン!!!
f0254105_9494421.jpg
石原裕次郎記念館。
ちょっとね、S男の年齢から考えると、渋過ぎだって、
驚かれることもよくあるよね。

自分も石原軍団に入れると思っているS男は、
ちょいちょい男気発言&行動をしては、
『ほんの少し、生まれてくる時代間違えたかもね。』と
M子にからかわれてる。

S男、ほんと嬉しそう♪
f0254105_9534065.jpg
なんと、おでも一緒に入館できちゃうんだじょぉぉぉぉ!
M子が、『肩が死ぬぅぅぅっ』って言いながら、袋の中でおでは
お利口さんにしてたんだ。
S男は、ゆっくり一人で堪能してたじょね。

f0254105_9563313.jpg
満足げに出てきたS男。
f0254105_9571367.jpg
記念館の裏は、すぐにマリンポート。
暑かったけど、風は心地良かったなぁぁぁぁヽ(^。^)ノ

で、次は、寿司屋の大将に教えてもらった宗圓寺へ。
f0254105_100362.jpg
丈六釈迦如来坐像の周りに515隊の羅漢像が祭られてる。
珍しいのは、全て木彫りな上に、全て表情が違い、
普通は中国風の表現が多いけど、
全て日本的表現に一貫されてるところ。
全国的にも例がないらしい。

喜怒哀楽、それはたくさんの表情をされた羅漢像さんたち。
その中から、自分の顔に似たものを見つけるのも楽しいって
大将が教えてくれました。

そして、そして、the 小樽な運河沿いをちょっとだけ散歩。
f0254105_1083217.jpg
M子はここで出会った可愛いハガキ達に一目惚れ。
8枚買ってたけど、もっと大量に買えばよかったと後悔してる上に、
若い画家さんの名刺でも1枚頂いておけばよかった、って何度も言ってたじょ。
これ↓
f0254105_10103946.jpg
ちょっと撮影モード間違えて、色おかしいけど、
動物たちの色合いやデザインにキュン死に寸前のM子でした。

最後に、向かったのは、
f0254105_1014091.jpg
丘の上の鰊御殿。
風がビュンビュン吹いてて、景色も良かったな。
観光客も1組しかいなくて、良かったよぉ♪
おでは、ちょっとだけ、二人が見えるところで、待ってたけど。
f0254105_10171133.jpg


さて、次は、M子が楽しみにしてるニセコへ向かいますよぉぉ~♪
f0254105_1018028.jpg

[PR]
by shuteru | 2013-07-13 10:18 | おでかけ