動物愛護ボランティア団体ALMAで保護され、S男&M子と共に暮らすことになったシュナウザーの日々。


by shuteru

改めまして、おでシュテル。

S男&M子:お陰様で、シュテルが正式に我が家の一員になりましたヽ(^。^)ノ
       今までお世話して下さっていたファミリーの方や、
       シュテルを応援をして下さっていたシュテルファンの方々に
       お礼を申し上げます。
       彼とのご縁を導いて下さり、本当にありがとうございます☆☆☆
       そして、今後ともシュテルをよろしくお願い致します♪


で、早速、、、
f0254105_17232555.jpg
ネームタグ。
S男とM子の誕生日が同じなので、その星座チャーム付。

f0254105_17244992.jpg
どう?
f0254105_17251589.jpg
あっ、おでです。
お気づきだじょね。ヘアーカットォォォォ!!!した。
こざっぱりだじょ~♪♪

改めまして、
f0254105_17273931.jpg

おで、シュテル。たぶん5歳くらい。
これからは、S男とM子の家族として
楽しく暮らすじょぉ♪
よろしく♪

ところでね、
おでの名前の由来がかっこいいんだじょぉぉぉ!
以前の父ちゃん&母ちゃんが付けてくれた♪

ドイツで実在した有名な海賊の名前なんだじょ。
その名も、クラウス・シュテルテベーカー!!!
くぅぅぅっ、しびれるじょじょじょ~~~。


以下、詳細↓海賊物語参照
『北海やバルト海で交易船の乗組員として働いていたが、
雇い主や船長らの侮辱的で不当な待遇に耐えかね、
船を乗っ取って海賊となった。

船の名は「狂犬号」と言うまさに彼の気性の荒さをあらわしている
ネーミングだったが、実は大変部下思いで
仲間からの信頼も厚い男だった事で知られている。

彼の名「シュテルテベーカー」とは古いドイツ語で
「ジョッキを掲げろ」と言う意味で、
彼の海賊団に加わりたいと申し出た者は大ジョッキに
なみなみ注がれたビールを飲み干さなければならなかった。

彼が率いた海賊団はヴァイタリエンブリューダといって
複数のリーダーがおり、彼もそのリーダーのうちの一人だったが、
彼は組織力・指導力に極めて優れたリーダーであり、
非常に優秀な部下に恵まれた男だった。

ゴートランドを拠点に仲間の力を借りながら瞬く間に
大海賊団をまとめ上げ、
バルト海や北海で海賊として名を上げる。

シュテルテベーカーはおもにデンマークの船舶を襲い、
デンマーク沿岸の都市を襲撃して海賊団を維持していた。

当時ノルウェー・デンマーク連合軍とスウェーデンは
戦闘状態であったが、
1389年スウェーデンはハンザ都市のリューベックに
援護支援を申し出たことがあり、
そのときリューベックからストックホルムへの
食糧輸送を何度も成功させ、
スウェーデンを救ったのがシュテルテベーカーだった。

いち海賊が一国を救ったのである。』
[PR]
by shuteru | 2013-02-28 06:30 | 徒然